« 国税のクレジットカード納付制度の創設 | トップページ | 延滞税の計算期間の改正 »

2016年9月29日 (木)

加算税制度の見直し

①調査予告があってからの修正申告、または期限後申告の過少申告加算税、または無申告加算税の割合が、平成2911日以後の法定申告期限が到来するものから以下のように引き上げられました。

 

 

 
 

過少申告加算税

 
 

無申告加算税

 
 

法定申告期限から1ヶ月以内期限後申告で一定のもの

 
 

 

 
 

0

 
 

調査通知前

 
 

0

 
 

5

 
 

調査通知から更正予知まで

 
 

5% 50万円超部分10

 
 

10% 50万円超部分15

 
 

更正予知後

 
 

10% 50万円超部分15

 
 

15% 50万円超部分20

 

 過去5年以内に無申告加算税または重加算税を受けていた場合で、再度無申告加算税または重加算税が課税される場合は、それぞれの割合に、10%加算する措置が講じられました。

 

 

 
 

無申告加算税

 
 

過小申告重加算税

 
 

無申告重加算税

 
 

通常の場合

 
 

15% 50万円超部分20

 
 

35

 
 

40

 
 

再度課税の場合

 
 

25% 50万円超部分30

 
 

45

 
 

50

 

 

|

« 国税のクレジットカード納付制度の創設 | トップページ | 延滞税の計算期間の改正 »

平成28年度税制改正」カテゴリの記事