« スキャナ保存制度の拡充 | トップページ | 固定資産税の改正 »

2016年9月29日 (木)

国民健康保険の改正

28年度以後の年分の国民健康保険料について、課税限度額の基礎賦課分が、52万円から54万円に、後期高齢者支援金等賦課分が、17万円から19万円に引き上げられました。

よって、最高課税限度額は、85万円から89万円に上昇いたします。

また、減額の対象となる所得の基準は、7割軽減は、33万円で、5割軽減は33万円+26.5万円×被保険者数で、2割軽減は、33万円+48万円×被保険者数の所得基準で算定されます。

|

« スキャナ保存制度の拡充 | トップページ | 固定資産税の改正 »

平成28年度税制改正」カテゴリの記事