« 中小法人の欠損金繰戻し還付制度は、平成30年3月31日まで延長されました。 | トップページ | 住宅の多世帯同居改修工事等に係る所得税額控除の創設 »

2016年9月29日 (木)

被相続人の居住用家屋で空き家に係る譲渡所得の特別控除制度の特例の創設

相続による被相続人居住用家屋(相続開始直前において被相続人の居住用家屋で昭和56531日以前に建築され、耐震基準を満たし、被相続人以外に居住をしていた者がいなかったもの)及び被相続人居住用家屋の敷地の用に供されていた土地等を取得した個人が、平成2841日から平成311231日までの間に、相続開始後3年を経過する日の属する年の1231日までに、譲渡対価1億円以下の譲渡をした場合には、居住用財産を譲渡した場合に該当するものとみなして、居住用財産の譲渡所得の3000万円特別控除を適用できることとされました。相続税の取得費加算の特例とは、選択適用です。

 

|

« 中小法人の欠損金繰戻し還付制度は、平成30年3月31日まで延長されました。 | トップページ | 住宅の多世帯同居改修工事等に係る所得税額控除の創設 »

平成28年度税制改正」カテゴリの記事