« 被相続人の居住用家屋で空き家に係る譲渡所得の特別控除制度の特例の創設 | トップページ | 居住用財産の買換及び交換の場合の課税繰延を行う長期譲渡所得の特例は、その適用期限が平成29年12月31日まで2年延長されました。 »

2016年9月29日 (木)

住宅の多世帯同居改修工事等に係る所得税額控除の創設

 住宅の多世帯同居改修工事等(50万円以上の調理室・浴室・便所・玄関のいずれか2つ以上が複数となるもの)にかかる借入金等を有する場合の所得税額の特別控除が、創設されました。

 

借入金残高

 
 

控除率

 
 

対象工事

 
 

限度額

 
 

最大控除額

 
 

1000万円以下

 
 

2

 
 

バリアフリー・省エネ・三世代同居

 
 

250万円

 
 

62.5万円

 

(5年間)

 
 

1

 
 

上記以外借入金残高

 
 

750万円

 

  自己資金で多世帯同居改修工事等をした場合の所得税額の特別控除制度が創設されました。控除は工事を行った年の1回のみです。 

 

所得控除額

 
 

対象工事

 
 

限度額

 
 

最大控除額

 
 

標準的な工事費用相当額の10

 
 

耐震

 
 

250万円

 
 

25万円

 
 

バリアフリー

 
 

200万円

 
 

20万円

 
 

省エネ

 
 

250万円

 
 

25万円

 
 

多世帯同居

 
 

250万円

 
 

25万円

 

 

|

« 被相続人の居住用家屋で空き家に係る譲渡所得の特別控除制度の特例の創設 | トップページ | 居住用財産の買換及び交換の場合の課税繰延を行う長期譲渡所得の特例は、その適用期限が平成29年12月31日まで2年延長されました。 »

平成28年度税制改正」カテゴリの記事