平成21年度税制改正

平成21年度税制改正情報

2009年12月 5日 (土)

平成21年度税制改正 住民税について 

Ⅰ個人住民税の公的年金からの特別徴収制度の開始

Ⅱ平成21年度分以後の個人住民税よりふるさと納税

 寄付金控除制度が適用されます。

 住民税の寄付金控除計算において①と②の合計額を税額控除

 ①寄付金控除

(地方公共団体に対する寄付金-5千円)×10

 ②ふるさと納税

(地方公共団体に対する寄付金-5千円)×90

       -所得税で課税された税率

| | コメント (0)

平成21年度税制改正 自動車関係諸税の改正

①自動車重量税のグリーン化 環境負荷の小さい検査自動車の新車車検重量税の減免

②自動車取得税のグリーン化

 環境負荷の小さい車の新車自動車取得税の減免・中古自動車取得税の軽減延長

| | コメント (0)

平成21年度税制改正 国民健康保険税の改正

国民健康保険税は世帯主に①医療給付費分②介護納付金分③後期高齢者支援金分の合計金額で課税されますが、②介護納付金分の限度額が10万円に引き上げられました。また、年金取得者については、年金からの天引き(特別徴収)となっていましたが、申し出があれば口座からの普通徴収ができるようになりました。

| | コメント (0)

平成21年度税制改正 その他

特定市街化区域農地を貸家敷地に転用した場合の新築貸家住宅に対する固定資産税の減額措置の減額延長がなされました。

認定NPO法人制度の認定の有効期間は5年であるが、その認定要件であるパブリック・サポート・テストの「実質判定期間」が2年に緩和されました。

 

| | コメント (0)

平成21年度税制改正 株券電子化

平成2115日から新たな株式振替制度により株券電子化が実施され、電子的な管理に統一されました。

|

平成21年度税制改正 住宅取得等のための金銭贈与に係る贈与税の時限的軽減措置 

・暦年課税適用者と相続時精算課税適用者の双方が利用可能

・平成2111日から221231日までの贈与を対象

・贈与者は20歳以上、贈与者は受贈者の直径尊属

・期間を通じて500万円を限度

| | コメント (0)

2009年11月29日 (日)

平成21年度税制改正 農地に係る相続税の納税猶予の変更

  市街化区域内の農地と同様に、市街化区域外の農地についても農業相続人は、終身営農義務が課されました。以前は、20年営農さえすれば、本来納付すべき相続税の免除を受けることができました。

 また、猶予期間中において身体障害等のやむを得ない事情により営農継続が困難となった場合において、農地の貸付(営農の廃止)をしたときや、災害・疾病のやむを得ない事業のため一時的に営農できない場合について、営農継続しているものとする取扱いが明確化されました。

| | コメント (0)

2009年11月21日 (土)

平成21年度税制改正 非上場株式に係る贈与税・相続税の納税猶予

非上場株式に係る贈与税・相続税の納税猶予

①経営承継相続人が、非上場会社経営者被相続人より相続により、会社株式等を取得し、経営を行ってゆく場合、相続等②より取得した非上場株式(相続開始前からの保有株式を含め、発行済株式等の3分の2に達するまでの部分に係る相続税の80%の納税の猶予 猶予後5年間は、毎年、5年経過後は3年ごとに税務署長へ継続届出書の提出が必要

②後継者が経済産業大臣の認定を受ける非上場会社経営者から、贈与によりその保有株式等の全部(発行済み株式の3分の2に達するまでの部分)を取得しその会社を経営していく場合には、その猶予対象株式等の贈与に係る贈与税の全額の納税が猶予される。猶予後5年間は、毎年、5年経過後は3年ごとに税務署長へ継続届出書の提出が必要

| | コメント (0)

2009年11月17日 (火)

平成21年度税制改正 新証券税制

上場株式等の譲渡

16

17

18

19

20

21

22

23

24

譲渡益の税率

              10

20%

譲渡損失の繰越控除

            適用

みなし取得費

                適用

| | コメント (0)

2009年11月16日 (月)

平成21年度税制改正 「投資事業有限責任組合に出資を行う非居住者・外国法人に対する課税」

①日本国内に事業所等を有する組合を経由して、日本企業に投資する非居住者・外国法人組合員は、これまで日本国内において譲渡益課税がされ、居住地でも課税がされていました。しかし、特定外国組合員要件に該当する場合は、日本での課税が行われないこととなりました。

 特定外国組合員要件

  有限責任組合員・業務執行者でない・持分25%未満・特殊関係なし・恒久的施設なし

②内国法人の株式を25%以上所有し、5%以上の株式を譲渡している非居住者・外国法人について、1年以上の長期保有株式等の特定外国組合員で、一定の要件を満たす非居住者・外国法人組合員の株式の譲渡については、組合員単位で一定の要件を満たせば課税されないこととなりました。

| | コメント (0)